経営者になるためには

経営者になるための起業

経営計画である事業計画書の作成

新しいアイディアを基に、サービスや商品の販売を目的として起業を志す場合には、闇雲に事業を始めても上手く行くものではありません。そんな無鉄砲な取り組み方では、いくら優れたアイディアであっても、成功はおぼつかないと言わざるを得ません。新規事業を成功に導くには、経営指針や経営計画を織り込んだ事業計画書の策定をしながら、事業を練り上げる事が重要なのです。商品やサービスのコンセプトや他社との差別化ポイント、マーケティングをベースにした売り上げ目標や、原価計算に裏打ちされた利益計画など、P/Lと呼ばれる計画を立てる事が必要です。また資金面に関連するB/Sに関する計画も合わせて立案する事が必要です。こうした事業計画書は、地方自治体主催の起業塾などで指導してもらえる事もあり、積極活用すれば良いでしょう。

起業して経営者になるメリット

起業して経営者になれば、裁量がとても大きくなるので、とても遣り甲斐を感じやすくなります。自由度が大きくなるので、好きなことを実現しやすくなるのです。また、様々なことに携われるので、視野が広がり、成長もしやすくなります。経営者になれば、経費を比較的、自由に使えるというメリットもあります。ビジネス関連するものなら、経費に落としやすくなるので、収入の割に自由に使えるお金が増えたような感じになるのです。また、経費として使ったお金は所得には当たらないので、所得税や住民税の節約にもつながります。節税したいなら、起業すると良いです。

新着情報

↑PAGE TOP